« 神さまの贈り物 | トップページ | 呼吸 »

2009年6月 7日 (日)

解放運動

女性が自由にたくましく生きていくことを選び始めたら、
男性ももっと自由に個性を発揮することができます。

例えば夫婦の場合、
あなたに合わせるから、お給料運んできてね、
では、男性は社会の常識や理不尽な上司の言いなりにならなければ
家族を養うだけのお給料を運ぶことはできない人が大半で、
一生浮かばれない。

最近の男はだらしないのではなくて、
女性が男性に媚びたり寄りかかっている態度と同じことを、
男性も社会に対して言いなりになったり、媚びたりしてしまう、

女性が少しでも自立心を養う努力をすれば、
満員電車に揺られている顔色の悪い男性も、
少しは、
「何かあったら上司にケツまくってもいいかも・・・」
と人生に希望が持てる可能性があります。

支えあうのと、寄りかかるのはまったく違います。

例えば家庭の主婦に、
今から働き口を見つけて経済的に自立しろ、
といっているのではなく、
何があっても私は生きていける、
ぐらいの精神的な自立心をもてるよう、
自分を信じる力を何かの形で得ることが大切です。

女性は柔軟です。
変化や状況の対応能力は
男性より女性のほうがはるかに高いです。
そういった意味からも、女性は強い生き物です。

女性が変われば男性も変わり、社会も変わります。

女性が変わらないのに男性が変わるのは無理です。

まずは女性が、常識や世間体などから解放されて、
もっと元気に、そして自由にやりたい放題したほうがいいです。
失敗しても痛い思いをしたとしても、
立ち直る思考回路は男性よりもしっかりと持っています。

やりたいことをやっている女性のほうが、
愛する男性をしっかりと支えてあげることができます。




















|

« 神さまの贈り物 | トップページ | 呼吸 »

コメント

(涙)

ほんと、やりたいことをやるのみですね。

投稿: 麗子 | 2009年6月 8日 (月) 11時07分

麗子社長、ガンガンやっちゃいましょうね。

投稿: 紅竜 | 2009年6月 8日 (月) 11時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138398/29996593

この記事へのトラックバック一覧です: 解放運動:

« 神さまの贈り物 | トップページ | 呼吸 »