« みなもと | トップページ

2009年6月27日 (土)

自己認識

人というのは、本当に色々な要素をもっているもので、

例えば、

「私は人の人の気持ちがわからないので人間関係が長続きしない」

と悩み、自分に自信をなくしている人に、

「そんなことはない、あなたの魂はこれまでに多くの事を経験してきているので、
みんなよりもかなり大人性格なのです。
だから周りの人が一目置いてしまっているだけなので、
何もわからない孫たちと接するような、
寛容な気持ちで付き合うようにしてみてください。」

と、こんな会話をしたとすると、
やっぱり自分はダメだと思う癖のあった人が、
一ヵ月後にはびっくりするぐらい引き締まった顔をして、
別人になって現れることがあります。

また、自信満々だった人が自分の意見を言えなくなってしまうといった
この逆パターンもあります。

このぐらい自己認識というのは曖昧で、
他人の意見や態度に左右されるもろいものです。

自分はこういう人です、という決定的なものなどないのですから
占いの種類によって出されるさまざまなタイプ論などをヒントに、
いろんな人を演じてみるのもおもしろいものです。

今の自分にぴったり合うものを演じた時、
体中の血が生きいきと活性化されだして、
未来のビジョンなども描きやすくなったりしますので、
そう感じるものがあったら、それを数年でもやってみるのです。

ちなみに私は今、みずがめ座の星を演じるのが楽しくて、
テロリストなどとあだ名をつけられるとうれしくなってしまいます。
しかし30代半ばぐらいまでは、
うお座的な同情心や犠牲的精神などをウリにしたいと思っていたこともあったりして、
それを今やれ、と言われても、
それも悪くないけど、
なんだかそれだけじゃ楽しくないと思ったりしております。

人の脳がわずか数%しか使われていないと言われているように、
人の性格論なども、脳みそと同じぐらいのパーセンテージしかわかっていません。

ですから
「自分のここを直そう」とか「ダメだ」とか、
あんまり深刻に悩まないことです。
時間もったいないですから。




















|

« みなもと | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/138398/30308227

この記事へのトラックバック一覧です: 自己認識:

« みなもと | トップページ