« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月29日 (日)

自力は簡単

自力などというと、誰の力も借りないで一人で生きていかなければ!
と、かなり気合とか、決意などが必要な気がしますが、

気合とか決意などは心の動きなので、当てにならないのです。


自力とは、もっと自然にできるもので、

例えば、

「私、これだったらできます」

などという、普段使っている自分持ちモノを使って生きてく、だけのことです。



しかし、心に主導権を握られている大半の人は、

この自分の持ちモノを特別な個性のように勘違いして、
「私の使命は、天命は・・・」
などと見つけようとするからいつまでたっても見つからないし、

使命感を持って生きているように見える人と自分を勝手に比べて、
うらやんだり、マネしたり、落ち込んだりして、くたびれてしまうのです。

自分の持ちゴマというのは、探したって見つからないですよ、

探すことなどすっかり忘れて、
今やっていることに目を向けないと。

占いで、どんなに「あなたは経営者タイプ」などと出たところで、
いきなり社長の椅子が転がり込むことはないですね。

ブーブー文句たれずに、
『今、これをやる』、って普通にできることが自力なのですよ。

特別なことでもなんでもないのです。























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

きれいごと

別れは、かなりの痛みや苦痛をともないますが、

『愛とはいったいなんだろう』を考えるいいきっかけにはなるのです。

あるタレントさんの離婚会見を、今朝見ていて、

女性タレントさんは、
離婚届の提出を親にゆだねたとTVでは言っていましたが、
なんじゃそりゃ、これは本当なのだろうかと思いましたね。

そういえば、この結婚のきっかけも、
どこかの占い師の言葉がきっかけになったと聞いた事があります。

こういったマスコミの話を鵜呑みにする気持ちは毛頭ありませんが、
このなんとも軽薄なスタートと結末のストーリーは、
未熟な殻を破ることができなかったとてもよいサンプルです。

決断する恐怖や、辛い現実に直面したら、
責任を放棄したり、避けたりせず、
その中へと完全に入り込んでいかなければ、
いつまでたっても、きれいごとから脱出できないのです。

きれいごとの中には、断じて『愛』は存在しないのです。













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

おすすめレイキ

今日は、レイキをやっている生徒さんのHPの紹介です。
http://green-p.hp.infoseek.co.jp/

この方は子供のころから霊感があり、
色々なものが見えて親にも気持ち悪がられていたようですが、
大人になり、結婚し、散々な目にあい、
再婚し、病気で体を切り刻み、ようやく子育てを終え、
40代なかばから、子供のころイヤでイヤで捨ててしまいたかった霊力を使って
何らかの役に立ちたいと、レイキ治療、レイキ指導をされている方です。

20年以上この世界ににいる、
かなりベテランの方なので興味のある方は是非どうぞ。

場所はディズニーランドの近くの、
東西線「西葛西駅」(にしかさい)からすぐなので、
電車さえ乗ってしまえば、楽にたどり着けます。



私はこういった、形にならず目で確認することができない霊的なことも
あるだろうな~、と思うタイプですが、

これも占いと一緒で、占いよりもたちが悪い場合が多くあり、
何でもかんでも霊症にされてしまうと、

あぶないよ、

ということで、安易にすすめることはしません。

先日たまたまテレビをつけたら、
銀座の母、という人が出ている占い番組をやっていて、
かなりおもしろく見させていただいたのですが、

何でも、どんな分野でもそうだと思いますが、
自分が楽しいと感じるところにいけばいいのです。

自分に合う開運グッズを身につけて幸せになるならそれでいいし、
宗教にはまって、大金を献金して幸せになるならそれでいいし、
霊的な能力を伸ばして霊界と通信して幸せになるならそれでいいのです。

こういった何かをより所にしている人は多くいます。

私はその人がそれで幸せなら何も言いません。
良かったね、と思います。

しかし、何を身につけても一向に幸せになれなくて、
心がいつも泥沼に浸かっているように息苦しく、
「もうイヤだ、もうこりた」と、
本心から抜け出したいと願うのなら、徹底的にすべて捨てさせます。

良くないのは、

「本当はやりたくないんだけど、誰々に言われたから」といった、
自分の本心と違うことを、
ぐずぐず言い訳をしながらやっていることです。

「本当は、もっとこうすればいいんだけどねぇ」

そう思っているなら、それをやることです。

やっていることや、かかわる物事は、
それ自体、何も悪さはしていないのです。

それとかかわる人間が、
どう付き合っていくかで、その物事の質が変わってくるのです。

すべては自分自身の問題なのです。


















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

優彩夏(yuika)

私の銀座時代(二十代前半)からの友人で、
いまだ現役ママをやっている人がいるのですが、

その銀座ママと15年来の付き合いがあるという
占い師の方が、今年に入ってブログを立ち上げました。

占いに結果を求めない私とは思想が違い、
吉凶をきっぱりと言い切るタイプの方ですが、
歯切れがいいので、
一緒にお酒を飲んでいてもおもしろく、
私はこの方のブログ立ち上げからずっと読ませていただいていました。

私のところを訪ねてくる人は、
『この先どうなるのでしょうか?いつ頃幸せになりますか?』
といった類の質問をしても、
「今すぐにでも幸せになれます、この先もずっと幸せでいられます
そしてそれはあなた次第です」といった答えしかせず、
こういった質問が出ないように、
頭の使い方から指導されてしまいます。

また、そういった指導を求めてくる人が
私の生徒さんとして続いているのですが、

吉凶をしっかり教えて欲しい、
いつ、どうなるか、アドバイスして欲しい、
そんな人生の答えが欲しい方は、
優彩夏(yuika)さんのブログは、
http://blog.livedoor.jp/yuika_happycolor/助けになると思います。

私は、占いを初めとするすべてのものに
吉凶や善悪などを当て込むのを好まないのですが、

こういった考え方に違和感を覚え、
すべてにおいて白黒はっきさせたい人もいるのです。

そんな方は、立ち上げたばかりの優彩夏(yuika)さんのブログは、
結構楽しく読めると思います。

色々なタイプの占い師がいます。

自分に合う人と出会えるのも、
一つの運と言えるのでしょう。
























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

開業

こんな世の中だから、
もう、企業になんか頼らないで、自分で何か手に職をつけて生きていこう、

こんな風に考える人が、結構いると思うのですが、

その「手に職」の一つに、占い師も入るわけですよね。

だけど、どんな商売も、
自分の力で人様からお金を頂くとなると、
これまでの、日常生活に対する考え方をがらっと変えて、
自分の癖や我を修正しないと、こんなはずじゃなかった、になってしまうのですよ。

自分はこれが正しいと思うから、って突っ張ってみたって、
相手がそれはいらない、ってなったら、
いらないんですよ。役に立たないのですよ。

それで生計を立てている人というのは、
みんなものすごい努力をしているのです。

やらないと食べて行けないですから、
一日24時間という時間をどうやって有効に使おうか、
商品を売るためにはどしたらいいか、
お店に来てもらうためにどうしたらいいのか、
お客さんに喜んでもらうためにはどうしたらいいのか、
一生懸命考えているのです。

毎日、通勤電車に揺られて会社に行くのも
自由な時間がなくて大変ですが、

自分で何か商売を始めるというのは、
24時のすべてが生き死ににかかわってくるぐらい、真剣勝負なのです。


そして事業が軌道に乗っている人というのは、
簡単にやっているように見えますが、
そこにたどり着くまでに、
みんな大変な思いをして色んなことをやってきているのです。

「これやってみよう」と考えたことが、
一発目で当たるなんてことはないのですよ。

何回も、何回もはずして、失敗して、
考えて、悩んで、挑戦して、やり直して、それでもだめで、
でもあきらめないで続けていたら、
なんだか少しずつ信頼されるようになってきた、

そうやって立ち上げていくものなのです。

たった一回の失敗やつまずきで、
簡単に、くじけないでください。

これは、仕事以外の人間関係でも同じです。

男女の恋愛問題でも同じです。

相手はどうして欲しいのだろう、何を求めているのだろう、
それを真剣に考えて、
自分の我と向き合うことが大切なのです。

商売でも、人間関係でも、男女の関係でも、
本当の喜びというのは、
儲かった時じゃなくて、
相手に愛していると言われた時じゃなくて、
相手が心から喜んでくれている時なのですよ。

開業の素晴らしいところは、
そんな喜びをじかに受けることができることだと思うのです。

























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

調整

周りの人は、自分の鏡だって言いましたが、
もし、友達や知人なんかで、
いつもいつも、誰かの悪口を言っているとか、
あれが悪い、これが悪いと、否定的なことばかり言っている人がいたら、
そういう人は、ちょっとお付き合いを停止したほうがいいですよ。

今まで友達だったけど、だんだん不平不満が多くなってくる人っているんです。

それは、その人の状態が下降気味になっている場合と、
自分の状態が上昇し始めている場合とがあります。

これまで一緒に話している時は気がつかなかったけど、
最近妙に気になるようになってきた、という場合は、
それまで自分も、否定グループにいたけれど、
そこを脱出しかかっているということもあるので、
あまりしつこく近寄ってくるようだったら、
自分の身を守るために、一時的に少し距離を置くのも大切なことなのです。

「2時間も電話で愚痴聞かされて、私、夕飯のしたくもできなかったわよ」

「話の内容が楽しいならいいんだけど、文句ばっかりでね、」

「愚痴聞かされて疲れちゃったよ」

こんな風に思ってしまうときです。

その人がどうこうというよりも、
その人の状態がおかしくなっているのです。

縁のある人なら、こちらから一時お付き合いを拒否したとしても、
必ずまた復活しますし、縁が切れてしまうのならそれまでの人なのです。

人は、置かれている環境に、いとも簡単に影響されてしまうものなのです。

ですから、不快感を感じているのに、無理に付き合わないことです。

環境のなかで、「人」と「食事」は特に大きな影響を与えますし、
今の自分の状態がよくそこにあらわれます。

どちらも、自分で調整できるものなのです。

自分で調整するべきものなのです。



















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

『この人との相性、いいの?悪いの?』

こんな風に、みんな思いますよね。

この考え方を変えましょう。

縁のある人とは出会うようになっているのです。

そして、あんにゃろーって腹の立つ人も、いいな~って思う人も、

みんな自分の鏡なのですよ。同じなんです。

だから、自分の周りの人とどう付き合っていくかは、

自分自身とどう付き合っていくかという問題なのです。

「相性」の問題ではないのですよ。

そして、鏡は「かがみ」と書きますね。

真ん中に「が」がありますが、

「が」は、「我」ですね。

これがなくなると、自分の中の「かみ」に出会えるようになっているのです。



















| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

トラブル

この先どうしたらいいんだろう、
この人どういう人なんだろう、

こういう風に心配ばかりしている人は、
騙されないように、
失敗しないように
ということばかり考えているから、

余計、失敗やウソを引き寄せてしまうのですよ。

そして、答えを占いに求めても、
そのほかの宗教や霊感、霊視などに求めても、

意識の焦点を
心配事や不安感にあわせている限り
ちょっとしたことでも、
トラブルや大問題だと感じてしまうのです。

実際、落ち着いてよく考えてみれば、
生きていくうえで、トラブルや問題ごとというのは、
その人が成長するために必要だから起きるのだということがわかるはずです。

筋肉だって脳細胞だって、
鍛えればそれだけ強くなるのだから、

それを避けて通っていたら、
せっかくの成長のチャンスをみすみす逃すことになって、
いつまでたっても成長できずに、
年ばかりとってしまいます。

やがて周りを見渡してみると、
自分だけが同じところをぐるぐる回っていることになんとなく気づき、
自分で自分の人生に不満を抱えるようになって
ますます、手っ取り早く不満を解消できる方法を探すようになって、
霊感商法や詐欺などに、まんまとはまってしまうのです。

だから、恐がってそれを避けるのではなく、
堂々と立ち向かって越えて行かなければならないのですよ。

誰もが知っていることだと思いますが、
その人の今のレベルにあった問題、トラブルしか降りかかってこないですから
喜んでそれを受けるべきでしょう。





























| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

近道

「何ヶ月で占いができるようになりますか?」
と質問されても、

それは「あなた次第です」としか答えようがありません。

「いつ頃から幸せになれますか?」
「どうすれば幸せになれますか?」
と質問されても、

それは「あなた次第です」としか答えようがありません。

弁護士の資格を持っていたって、
弁護士がみんな幸せかどうかなんて、見ればわかるし、
それで幸せになれる保証などありません。

「この資格を取れば幸せになれる」

「この宝石を持っていれば幸せになれる」

「この方位へ行けば幸せになれる」

「あの人についていけば幸せになれる」

そんなものはないのです。

「占い」に関心を持つ人は、このタイプが多いのですが、

こういった洗脳からなるべく早く抜け出すためには、
どっぷりとそれに浸ってみるのが一番いいのです。

例えば、強烈なカルト教団などに入信して、
イヤと言うほどそこの教えを実行してみるのです。
やればやるほど、自分の求めているものと違うという結果にたどり着きます。

つまり、何かにすがっている以上、
縛られている以上、
囚われている以上、
一向に幸せ感を得られないのです。

占いも、関心のある人はどんどん勉強してください。
それが幸せになる一番の近道です。











| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »